浅川河畔スタジオ・まとめページ  Index  Search  Changes  Login

キャラクターは何で出来ているか

キャラクターは何で出来ているか

 キャラクターは以下のもので構成されます。

アビリティ

 アビリティにはコミュニティスキルの2種類があります。

 コミュニティは、そのキャラクターの所属している人脈、義務を享受し、権利を得ている諸集団となります。レベル1〜6まであります。

 スキルは、そのキャラクターが持っている個人的能力です。レベル1〜6まであります。

 アビリティは、ゲーム世界に影響を与える力をそのまま意味しており、これらの値があらゆる行為判定の基本値となります。

 行為判定は+1D10加算で行う為、アビリティの1点は10%の成功率の価値があります。さらにスケールアップチャレンジの場合は、この倍数まで値を拡大できるので、成功率に最大100%の差が生じます(無条件に成功〜絶対に成功できない、の差が有るということ)。

 また、アビリティスケールアップチャレンジの際に「燃やす」ことができます。これは以降セッションで使えなくなることと引き換えに、判定値が倍加するオプションです。燃やすときは、リソースを使うことは出来ません。

コネクション

 コネクションは、行為判定の成功を助け、行為判定の規模を変え得るものの総称です。

 ルール上の表記が全く一緒の為、同様の名称で呼んでいますがその内訳は様々で、実際には、武器や装備、個人的な知己、部下、特殊な生まれ、特筆的な能力などを含みます。

 コネクションには、行為判定における特定判定値の加算の値、または行為判定の成功時における成功規模の加算の値、それからそのコネクションを使う為の条件が設定されています。一部のものには、バックファイアや、別種の特殊能力が加算されているものもあります。

 コネクションは、使用条件を満たす限りにおいて、いくらでも複数重ねて使うことが出来ます。

リソース

 リソースは、行為判定で使用するポイントであり、また、ヒットポイントも兼ねたものです。

 行為判定での使用は、1点使用するごとに、判定値が1点増す、というものです。ただしその際の上限は、そのアビリティのレベルまでです。

 リソースは、三種類あります。

  • 体力(リソース) 主に体力でなんとかする力を意味しています。技術/戦闘系の行為判定に使用することが出来ます。直接打撃や過労によって減点され、0になると死にます。睡眠で1点回復します。
  • 関係(リソース) 主に関係力や金銭、人好き、信頼、発言力、あるいは人への貸しを意味しています。対話系の行為判定に使用することが出来ます。サボタージュやいじめによって減点され、0になると街を追い出されます。コミュニティに奉仕することで回復します。
  • 自己(リソース) 精神的な核を意味しています。あらゆる行為判定に使用することが出来ます。他のダメージの肩代わりや、精神的な打撃によって減点され、0になると発狂します。睡眠で1点回復します。

ドラマ

 ドラマは、成長可能性とも呼ばれ、ここに書かれたものうち1つを、セッション中に成長することが出来るというものです。

 ドラマは、名称、条件(必要な判定とそのスケール)、昇華(レベルアップの内容)を基本的に持ち、あるドラマをゲーム中に溶け込ますことによって成長できるという仕組みになっています。条件は原則ゲーム的な判定で記述され、条件を満たす為にセッションで行われている内容にむりやりでも関連付けていくことが推奨されます。

 一部のドラマバッドエンド条件、バッドエンドも持ちます。

スケジューラ

 スケジューラは、月夜埜におけるカレンダーと同じです。一日を夜昼夕の三つにわけ、いずれで眠り、いずれで働いているかを記述します。ただ今回はコミュニティごとの記述はせず、社会的立場に属するもの(×)、親愛集団に属するもの(△)、自由時間(○)、就寝時間(ー)で表現します。

その他のパラメータ

 そのほかに、キャラクターに重要なパラメータとしては以下があります。

  • 職業:どこそこで働いている、どこそこ学校に通っている等はもちろん、そこでどのような職能を持ち何を学んでいるかを自然言語で記述します。これらは判定のフックとして使用することが出来ます。スケジューラの社会的立場はこの職業に付随します。
  • 年齢:リソースのバランスに関係します。また年代によっては取ることのできない職業があります。
  • 親愛:社会的立場以外で最も重視している集団をこのように呼び、そこでどのような立ち位置で何を行っているかを自然言語で記述します。これらは判定のフックとして使用することが出来ます。スケジューラの△はこちらへの時間とします。
  • 名前:名前です。
Last modified:2013/02/26 03:00:12
Keyword(s):
References:[キャラクターは何で出来ているか]